記事一覧

print

印刷にかかる費用

フライヤー印刷にかかる費用は方式や部数などで変わりますが、オンデマンド印刷で5000部をモノクロで印刷すると1枚当たり4.5円位になります。オンデマンド印刷は1枚当たり10円を超えますが部数が少ない時には安くなります。

フライヤー

良い印刷業者の選び方

フライヤー印刷を依頼する業者は、価格とスピードで選びがちですが、大量印刷をしたり、デザインまで担当してもらう時には慎重に選ぶべきです。自社工場で印刷ができたり、企画やデザインも担当できる会社を使うと変更のときでもスピーディだったり、信頼がおけます。

CMYK

プロに依頼するのが人気

フライヤー印刷は自前でするのではなく、プロの業者にしてもらうべきです。その理由は印刷のずれや曲がりがなく完全な状態のフライヤーが作ることができ、デザインまで任せれば消費者心理に訴えかけた広告効果の大きいフライヤーを作ってもらえるためです。

チラシ

様々な加工オプション

オプションには折り目やフライヤーのサイズまで幅広く依頼することができます。販売用のチラシやイベント告知用のチラシまで、様々な場面で使用できる様に作製依頼をだす事ができます。業者にフライヤー印刷を依頼することでより宣伝効果が期待できる物が作製する事ができるのもメリットの1つです。
印刷機

印刷を頼むときの注意

自分でフライヤーデザインを行い、データを送信して印刷会社にフライヤー印刷をお願いする時には注意点があります。よくあるトラブルは余白が指定されたとおりにできていないことと色彩や画像が画面と印刷では異なることがあります。

印刷方式は2つあります

印刷

部数に応じた使い分け

フライヤー印刷には大量印刷に向いているオフセット印刷と少量で短納期の印刷に向いているオンデマンド印刷があります。基本的に部数に応じてどちらかを選ぶことになりますし、印刷業者がどちらの印刷方式の方が良いと勧めてくれるはずです。フライヤー印刷というとオフセット印刷と言われるほど商業的な印刷には利用されています。フライヤー印刷に使うデータを銅版として作り、銅版にインクを乗せてブランケット樹脂の転写ローラーにインクを映してから紙に転写する方式で印刷します。銅版と紙が直接触れることがないので版が摩耗することがないため、大量に印刷しても版が傷むことがなく鮮明に印刷することができます。大型の印刷機でA4であれば一度に8枚印刷できるため高速印刷が可能です。使っているインクは安価な上、紙代も安いため大量に印刷すればするほど割安になっていきます。オンデマンド印刷は必要な枚数を高速レーザープリンターを使って印刷をします。印刷データを銅版に移す作業はせずにデータを直接レーザープリンターに送るだけで済むのでデータを送った翌日には受け取ることができるほど短納期なことが特徴です。インク代や紙代が高く、基本的に印刷会社がメーカーからリースしたレーザープリンターを使っているのでカウンターに応じた費用をメーカーに支払うことになります。そのため、フライヤー印刷にかかる費用は枚数によって割引はありますが、基本的に枚数に比例した料金がかかります。

Copyright© 2018 専門業者にフライヤー印刷を頼もう【印刷方法の違いをチェック】 All Rights Reserved.