記事一覧

様々な加工オプション

チラシ

目的に合わせて選ぼう

印刷業者でできる加工オプションですがその種類は豊富にあります。まず、フライヤー印刷をした物に折り加工を依頼する事ができます。折り方も2つ折りから外4つ折りなど様々です。中には「片見出し6つ折り」や「外5つ折りプラス2つ折り」というのもあります。豊富が種類の中から目的のものを選ぶので、フライヤー印刷を依頼する場合にも目的の物を作製しやすくなっています。更に特殊加工として「ミシン目」や「スジ入り」「トンボ付断裁」の様な物まで依頼する事がせきます。もちろんフライヤー印刷を行う際にサイズの種類もA7からB2まで豊富に用意されています。カラーでの印刷を依頼する場合には表面のみカラー等の指定を出す事もできます。片側のみをカラーにすれば、費用もその分抑える事ができたりカラーの表部分を強調したい時に使えばより効果に期待できます。販売チラシやイベント告知フライヤーそしてポスティング用のチラシまで幅広く対応してくれるので個人で作製するよりも宣伝効果が高く作り込みを丁寧に仕上げる事ができます。もしフライヤー印刷を依頼する際に不安な事がある場合でも専門敵な知識を持っている方のアドバイス等を聞けるので、よりよい物を作製できるのもメリットの1つです。業者の中には、高品質な印刷を重視する企業や格安を重視している業者があります。1つの業者だけではなく複数の業者を見比べて、自分の目的にあったフライヤー印刷が行える業者を選ぶ事も大切な事です。

Copyright© 2018 専門業者にフライヤー印刷を頼もう【印刷方法の違いをチェック】 All Rights Reserved.