記事一覧

印刷を頼むときの注意

印刷機

画面と出力は異なります

昔はフライヤー印刷をするには数千部は印刷しないといけませんでしたが、近年では部数が少なくても低価格でフライヤー印刷できるオンデマンド印刷が普及してきてフライヤー印刷業界が活況になっています。更に低価格でフライヤー印刷をするには、自分で広告データを作成することですが、こちらに関しても自社または自宅のパソコンを使って、指定のソフトウェアで作成することによりできるようになりました。しかし、データを自分で作成する時にはデータ形式を守らないと意図しない印刷結果になったり、納期が遅れてしまったりすることがあります。自分でデータを作成して、印刷会社に送った時によくあるトラブルは、文面や画像がはみ出てしまっていたり、切れてしまうことです。これは指定されている余白を守っていないことからおこることで、大体余白は3mm位は取ることと定められています。次いで多いトラブルが、思っていたのと異なる色彩になっていることがあります。自宅のプリンターで印刷するときにもパソコンの画面とプリンターで印刷した紙の色が完全に同じになることがないのを知っているはずです。同じように自宅のプリンターで打ち出したものと印刷業者で印刷したフライヤーの色彩は完全に同じになることはありません。色彩に関しては自分が思った通りになることは難しいので、微妙な色彩で訴えるようなフライヤー作りはしないようにしましょう。また画像が縮小されると画面上では鮮明でも印刷すると荒くなってしまうこともあります。

Copyright© 2018 専門業者にフライヤー印刷を頼もう【印刷方法の違いをチェック】 All Rights Reserved.